京大囲碁部日誌 Web出張版

祝‼‼ 関西一部リーグ優勝!

4回生のM川です。
6/28関西リーグ最終日、我々京都大学囲碁部は立命館、神戸に勝利して約13年ぶりの関西一部リーグ優勝を果たしました!!
本当にめでたいですね。囲碁推薦入学者で固められた立命館を、一般入試の京都大学が倒す歴史的快挙です。
以下は今回の春季関西リーグの戦評を述べたいと思います。(以下若干敬称略)

一日目
VS関西大学
小淵、金崎、張、加藤、柿沢、というオーダーで臨みました。副将に入ってきた相手のエースが強かったが、4-1で勝ち。
VS大阪経済法科大学
小淵、苣野、柿沢、加藤、前川
S津さんが強豪。大将戦で時間切れ負けなどアクシデントもあったが3-2で勝ち。
VS同志社大学
柿沢、苣野、張、加藤、前川
タイゼム7~8段クラス四人を擁する難関だがなんとか4-1で勝ち。三将戦、張が相手のエース相手に善戦するもヨセのミスで1目半負けしたのが本当に惜しかった。

二日目
VS近畿大学
小淵、苣野、張、加藤、柿沢
加藤が相手のエースをきっちり狩って5-0で勝ち。さすが!
VS大阪大学
柿沢、苣野、張、加藤、前川 VS O岩、O野、H川、Y口、K原
Y雲さんは出ていないもののそれでもタイゼム8~9段クラスを4人揃える超強豪。オーダーの読みあいから強かった。補欠対決なら京大有利とみていたので、相手副将が対局直前まで居なかったから苣野が副将に入るも罠だった。苣野が『これ結局来るんですよね~。まあでも誘いに乗っちゃいますか。』と言ってたのが印象的。
僕個人としては昨年秋と同じK原君との対戦でした。直前に関大のエースと彼が対局してるのを偵察しましたが、最初40手で投了するレベルにツブされてたのに終盤見たときには逆転してて超ビビりました。僕も同じく序盤は圧倒的優勢でしたが徐々に押され始め大石を取り合うフリカワリになってもうダメだぁと思ったら4目半残ってました(笑)。加藤は関西カーニバル準優勝のY口君相手に実利対厚みの碁を得意のヨセでまくって5目半勝ち。さすが。4-1かなぁと思ってたら、柿沢さんがポカで大石が死んで勝勢の碁を落とすアクシデントが発生。辛くも3-2で勝利。

3日目
VS立命館大学
柿沢、苣野、張、加藤、前川 VS Y次、M本、S田、K田、N村
関西の王者。今回は部内リーグで波乱(?)が起こりひょっとするとチャンス到来か??大将のY次君は少年少女準優勝の猛者だが一般入試組だとか。(すごい)
大将戦:柿沢さんが終始圧倒して圧勝
副将戦:見てないけど、本人曰く『完勝でした』
三将戦:完敗
四将戦:中盤以降優勢になり、終盤でも差をひろげ完勝
五将戦:序盤は優勢、中盤不注意から食いつかれたところを捨ててしまったのが案外大きく、ヨセもたぶん損して7目半負け。それほど力の差を感じなかっただけに残念。
VS神戸大学
苣野、柿沢、張、加藤、前川
S木、F岡のダブルエースが脅威。
オーダーを見てほぼ勝利を確信。4-1で勝ち。加藤が勝って7戦全勝し、京大から3期連続で全勝賞獲得者が出ることに‼‼

今回の関西リーグは柿沢さん、苣野、加藤の活躍がすばらしかったです。
柿沢さんは就活が忙しいながらも圧倒的勝負強さを見せつけ、苣野はすべての対戦に慎重にオーダーを決めチームリーダーとしても活躍し立命戦では貫禄の勝利をおさめ、加藤は急所で勝ちきる安定感がありました。

僕は負け越しでしたが、阪大戦で勝ってそれなりの仕事ができたので満足です。(笑)
秋季リーグでは、柿沢さん、加藤、(苣野)、に頼りきりにならないよう、部内リーグ所属者は皆益々の棋力向上に努め、選手層UPを図りましょう!

たしかに春季リーグ優勝は大変な快挙です。
しかし、ここで満足するのではなく今度は全日本選手権出場を目指して秋も頑張りましょう‼‼

スポンサーサイト

PageTop